FC2ブログ

幕末・明治の写真と絵葉書 イマジンネット画廊ブログ

古写真と絵葉書を通して、古き良き日本の生活を紹介していきます。

書籍刊行のお知らせ

そこにあった江戸
そこにあった江戸-幕末明治寫眞圖會-

-
刊行:2018年11月26日
大型本:240ページ
定価:本体4,500円+税
ISBN: 978-4763018236

編 著: 上條真埜介(イマジンネット画廊主宰)
編集協力: 共同通信イメージズ
出版社: 求龍堂
-

イマジンネット画廊所蔵コレクションの中からサイト未掲載の貴重な作品を含め約260点を厳選し、幕末から明治初期を中心に掲載した古写真集が本日発売しました。詳しくはこちらをご覧ください。


そこにあった江戸


そこにあった江戸

スポンサーサイト

豆売りの子供達

豆売り
明治中期頃の豆売りの子供達。
手には太鼓のようなものを持っています。

本牧と海水浴場

month_61b(151203-014a).jpg

"国内最大の外国人居留地であった横浜。古くから景勝地として知られていた本牧は、居留地に住む外国人にも好まれ、海水浴をする外国人たちの写真も残っている。
日本における初期の海水浴は潮湯治と呼ばれる病気治癒のためのもので、中世頃には登場していた。明治、外国人医師により健康促進のため奨励され各地に海水浴場が開かれると、徐々に目的が健康からレジャーへと移っていった。"
(今月の一枚)より

「千島・北海道」コーナー新設のお知らせ

札幌

イマジンネット画廊に新たに「千島・北海道」のページができました。
今回は明治~大正を中心とした函館、札幌、室蘭、アイヌの人々の生活など、170点余の北海道の画像を新たに掲載しています。
是非ご覧ください。

「イマジンネット画廊」(千島・北海道)を見る


本牧海岸②

本牧の潮干狩り
(写真の詳細)

"昭和になって埋め立てられる以前の本牧海岸は、季節になると潮干狩りの場としても賑わっていた。当画廊の幾枚かの写真でも潮干狩りに興じる人々の姿を見ることができる。"
(今月の一枚)より

本牧海岸①

本牧海岸

本牧岬
(写真の詳細)


"現在は広大な工場が立ち並び、夜景ツアーなども盛んな横浜の根岸・本牧エリア。埋め立てられる前の本牧海岸は、切り立った崖と砂浜のある古くからの景勝地だった。現在の姿と見比べてみると、時代の移り変わりの激しさに驚く。"
(今月の一枚)より

ワンダーウェル一行自動車世界一周旅

ワンダーウェル一行世界一周 ガーゴイルモービルオイル 写真 (151203-020)

1920年代に自動車で世界中を旅したワンダーウェル一行が日本に立ち寄った際に撮影されたもの。
現在ペガサスのロゴでお馴染みの潤滑油ブランドMobilですが、当時はガーゴイルのイラストが描かれています。

明治の永代橋

明治の永代橋

明治時代、永代橋の絵葉書。一見、水彩画のように見えないでしょうか?
当時の絵葉書には、写真を白黒印刷した後に手作業で色付けをしたものが多くありました。同じ写真を元にしていても彩色次第で印象が変わってきます。
こちらの絵葉書は抑えられた色身と余白を活かした構図が素敵な一枚です。書き込みがないものも見てみたいですね。

羽田空港の鳥居

羽田空港の鳥居

"羽田空港に今も残る鳥居。
江戸時代に起源を持ち明治に再建された穴守稲荷神社のものである。撤去しようとすると事故が起こるなど、いわくつきの鳥居として有名らしい。"
(今月の一枚)
より

カール・ルイス(Karl Lewis)と横浜の銀行


明治、米国の船乗りだったカール・ルイスは写真館の多く建ち並ぶ横浜に居を構え、横浜に寄港した船乗りたちなど海外向けに絵葉書ビジネスを始めた。日本の郵便制度は明治4年に確立され、明治37年に始まる日露戦争により日本の絵葉書ブームは最高潮となる。遠い未知の国、日本の様子を伝えるルイスの絵葉書は欧米では人気があったようだ。

香港上海銀行