幕末・明治の写真と絵葉書 イマジンネット画廊ブログ

古写真と絵葉書を通して、古き良き日本の生活を紹介していきます。

柳橋芸妓


 小袖幕・花見幕
花見の時に枝に着物をかけて幕の代わりにしたものだそうです。
着物と女性、桜の対比が華やかな一枚。

スポンサーサイト

バイオリンを弾く女性

01-8004-525明治中期
(写真の詳細)

凛とした涼やかな女性とバイオリンが良く似合う一枚。

戦国時代頃にはポルトガル経由で持ち込まれていたようであるが、日本人が演奏したという記録は少ない。
明治に入り西洋音楽の教育に力が入るようになり、1887年(明治30年)に日本初のバイオリン製造会社ができたのを機に広く普及していった。

昔の海苔づくり

昔の海苔作り
(写真の詳細)

"今月の一枚は海苔干しの様子を捉えた写真である。
海苔は古くは奈良時代の書物にも登場しており、その頃は佃煮などにされ食べられていた。現在のような四角く乾燥させた板海苔が登場するのは江戸時代になってからである。長らく海苔は高級品であったが、江戸時代に東京・大森で養殖に成功し大量生産が可能になるにつれ、庶民の間に普及していった。 写真は品川・大森付近と思われる。細かく刻んだ生海苔を海苔簾に広げ、四角い木枠の中に流し込み天日干しする。規則的に並べられた四角の連続は一見アートのようである。海苔干しに忙しい生産者はそれどころではないだろうが、偶然通りすがった者にとってはちょっとした非日常の楽しみを味わえる光景かもしれない。(S) "
(今月の一枚)より

椅子式の駕篭



椅子に担ぎ棒を取り付けた、椅子式の駕篭。
視線が高く、見晴らしがよさそうです。

昔の遊び 竹馬


(写真の詳細)

器用に整列して撮影。
自分の肩ほどの高さに乗っているつわものも。

新橋ステーション望遠

01-1301-132新橋駅93

10月14日は鉄道の日ということで、初代新橋駅の写真をご紹介します。
明治5年の10月14日、日本初の鉄道として正式開業した新橋駅は、東京駅が開業するまでの間、東京の重要な起点駅でした。
設計はアメリカ人建築家リチャード・ブリジェンス

引越し

01-8002-136引越し

長屋の人々の引越しは簡単でした。家財は道具屋に売り、引越し先で買い直します。
必要なものだけを大きな駕篭に入れて完了です。
物にあまり執着しないさっぱりとした暮らしは江戸っ子らしいですね

乳母車と人力車の歴史

01-8004-578岡戸絵葉書(111101_037)本明治後期NG

籐かごで出来た、やさしい雰囲気の乳母車。

福沢諭吉は慶応3年にアメリカに渡航した際に、自分の子供のために乳母車を購入し、それを見た和泉要助ら発明家がその形状から着想を得て人力車を造ったそうです。

明治 洋傘の女性

8004-293_201605201135025a6.jpg

(写真の詳細)

今年も梅雨入り間近ですね。
ビニール傘を買ってはなくす筆者です。本日は傘の写真をご紹介します。

明治期にファッションアイテムとして大流行した洋傘。
素材は晴雨兼用に使えるものが主だったようで、天気がどうあれお洒落な人の必須アイテムでした。
傘、袴、ベルト、バッグ、手袋と、一見難しそうな組み合わせですが、品良くまとめられているところがすごいです。

明治 熊本城 



このたびの熊本地震で被災された皆様が一日も早く安心して暮らせるようになりますよう、お祈り申し上げます。

本日は明治時代の熊本城の写真をご紹介します。
現在の熊本城は昭和35(1960)年に再建されたもので、こちらの写真は焼失前のお城の姿です。
日本三大名城といわれるにふさわしい、堅牢で堂々とした姿が魅力的です。