幕末・明治の写真と絵葉書 イマジンネット画廊ブログ

古写真と絵葉書を通して、古き良き日本の生活を紹介していきます。

特集:瞽女

小金井の瞽女
イマジンネット画廊にて、盲目の女旅芸人・瞽女について特集しています。
三味線と杖を手に厳しい旅を続けた彼女らの生きた写真をご覧下さい。

[特集:瞽女]
瞽女特集

スポンサーサイト

明治 大道芸 角兵衛獅子


(写真の詳細)

身体のやわらかさに一瞬目を疑う一枚。
角兵衛獅子(かくべえじし)は小さな獅子頭をつけた子どもが演じる獅子舞です。
角兵衛という農民が、村を飢饉から救うため考案した大道芸が起源といわれています。


授業風景

授業風景

"いつの時代かははっきりしないが、坊主頭で和装の男子学生たちが皆背筋を伸ばして教科書に目をやっている。いつもこの良い姿勢なのか、撮影仕様なのか、興味深い。
先生二人は洋装だ。校舎も天井の高い洋風建築で、なかなかお金持ちの学校かもしれない。手前の机からは明治…新調…赤坂…などの文字が読み取れる。"
(今月の一枚より)

その他の子供の写真は(こちら)

花売り

01-8001-026風俗花売り本用NG
明治の花売り。
勢いよく伸びた枝が画面に動きを出して、絵画のようです。
落ち着いた全体の色合いの中、花篭の花が鮮やかに彩色されており、
思わずドキッとしてしまう耽美な雰囲気の一枚です。


茶販売

明治初期、お茶は生糸と並ぶ主要な輸出品でした。
製茶に引き続き、明治の茶販売の様子をご紹介します。

05211754_4bf64a512a24f.jpg
茶葉を買い付ける外国人(写真の詳細)

製茶

明治は製茶技術が発達した時代だそうです。
前回の茶摘に続いて明治の手作業製茶の様子をご紹介します。

469蒸しているところか?
蒸しているところでしょうか?(写真の詳細)



茶摘

本日は明治の茶摘の様子をご紹介します。
01-8003-048.jpg
(写真の詳細)

明治 写真絵付師

写真絵付け絵師
(写真の詳細)

古写真には、美しく彩色されたものがたくさんあります。
一枚一枚、絵師によって手彩色を施されたものです。
人の目を通したリアリティがあり、現代のカラー写真とはまた違った魅力があります。
有名な絵師が手がけたものなどは、大変クオリティが高いです。

明治中期にお土産の絵葉書が流行し大量生産が進むと粗雑な品も増えましたが、派手な色でざっくり塗られた写真もまた、塗る人の感性が感じられて面白いものです。

同じ写真があっても、色はひとつとして同じものがない一点もの。
気に入った塗りのものが見つかるとうれしいですね。

幕末・大名家族写真

大名と奥方 幕末


本日ご紹介するのはフリーチェ・ベアト(Felice Beato)撮影、大名家?の彩色写真です。

手前には礼服の狩衣と立烏帽子を纏った男性と、華やかに彩られた奥方と思われる女性。
侍の写真は多く見かけますが、幕末にこのような形で撮影された写真はあまり多くはないのではないでしょうか。

大名家族拡大
よく見ると顔立ちにそれぞれ特徴があり面白いです。

東京美術学校図書師範科・集合写真

東京美術学校図書師範科
(写真の詳細)

本日ご紹介するのは明治、東京美術学校図書師範科の集合写真です。

東京美術学校は現在の東京芸術大学の前身となった官立の美術専門学校です。
この時代地位ある男たちは髭を生やすのがスタンダードであり、教授たちは皆髭を蓄えていますね。
生徒たちの髪型で一番多いのは坊主頭でしょうか。
長めの者は七・三で整えているようです。
背筋を伸ばしている者、学友と肩を組んで楽し気な者などポーズも様々。

多くのことが読み取れる楽しい一枚です。