幕末・明治の写真と絵葉書 イマジンネット画廊ブログ

古写真と絵葉書を通して、古き良き日本の生活を紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明治の写真家小川一眞

小川一真撮影『牡丹と娘』
小川一真明治写真

"小川一真は多くの写真帖を刊行し、当時最新の写真術を日本に導入するなど幅広く活躍した写真師である。日本の花や名所、風俗写真を多く撮影した他、美術専門書『国華』『真美大観』等の写真製版を担当した。中でも明治23年、日本初の美人コンテストである「百美人」コンテストの撮影など、美人写真の分野では特に名を馳せている。また、あまり知られてはいないが、日露戦争の従軍写真家として撮影した写真ははなかなか面白い。"
(今月の一枚より)



小川一真(おがわ いっしん/かずまさ/かずま)はアメリカで最新の写真術を学び、明治18年(1885年)に帰国すると玉潤館を開業し写真師として活躍する一方、日本にコロタイプ写真製版印刷を導入し、小川写真製版所として多くの写真集を刊行し、日本の写真出版業の先駆けとなった人物です。

本日は当画廊の所蔵する小川一真の作品数点をご紹介しようと思います。

小川一真撮影玩具屋写真明治
おもちゃ屋(詳細)

小川一真撮影瀬戸物屋写真明治
瀬戸物屋(詳細)

小川一真撮影大工写真明治
大工(詳細)

新年の挨拶行事小川一真撮影明治写真
新年の挨拶をする女たち(詳細)


お店の様子からお辞儀という動作まで、幅広く当時の様子を窺うことができますね。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。