幕末・明治の写真と絵葉書 イマジンネット画廊ブログ

古写真と絵葉書を通して、古き良き日本の生活を紹介していきます。

谷幸雄の飛びつき腕十字

先月開幕した2012年ロンドンオリンピックも中盤に差し掛かり、益々応援に熱が入ります。

本日ご紹介する写真は1900年~英国で活躍した日本人柔術家、谷幸雄の絵葉書です。

英国活躍の柔道家谷幸雄の飛びつき腕十字
<写真の詳細>

マネージャーのアポロを相手に飛びつき腕十字のデモンストレーションをしているところです。

当時英国バーティツ道場で指導をしていた谷に挑戦したアポロ(ウィリアム・バンキアー)は、いとも簡単にこの身長160cm未満の小柄な男にやられたことから目をつけ、以後ロンドンミュージックホールなどの試合で谷を売り出します。
スモール・タニの愛称で親しまれた彼は50年を英国で過ごし、そこで生涯を閉じました。

絵に描いたようなお洒落な口髭が何だか英国らしいように思います。


ところで、バーティツという言葉に聞き覚えのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
おなじみコナン・ドイルの小説、最近ではドラマ『SHERLOCK』や映画『シャーロック・ホームズ2』が公開され話題の探偵シャーロック・ホームズ。
彼がモリアーティ教授から身を守った武術『バリツ』は、バーティツから着想を得たのではないか、という説があります。
海外の作品に日本のものが出てくると、ちょっと嬉しくなりますね。



スポンサーサイト