幕末・明治の写真と絵葉書 イマジンネット画廊ブログ

古写真と絵葉書を通して、古き良き日本の生活を紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柳橋芸妓


 小袖幕・花見幕
花見の時に枝に着物をかけて幕の代わりにしたものだそうです。
着物と女性、桜の対比が華やかな一枚。

スポンサーサイト

明治、上野公園の桜

上野公園の桜
(写真の詳細)

空気も段々春めいてきて、今年もお花見の季節がやってきましたね。
桜鮮やかな明治の上野公園の写真をご紹介します。

道行く人々や車夫たちが、チラホラと写真機を気にしてこちらを向いています。
右手には「明治元年奥州白河、戦争大油画 パノラマ、美術学校裏通護国院前パノラマ館」などの看板があり、
この時代の様子を窺うことができますね。

新宿角筈 梅林 「銀世界」

01-1320-056 東ー新宿角筈の梅林、銀世界。大正期(131031-027)

この立派な枝振りの梅は、新宿角筈(現在の西新宿)にあり「銀世界」と呼ばれた梅林のものです。
明治41~42年頃に芝公園へ数本が移植され、現在も人気を集めています。

毎年行われている梅まつりは 港区芝公園にて本日から2日間。開花状況は現在4~5割ほどだそうです。
ぜひ足を運んで梅の香に包まれてみては。

平成27年2月20日(金)・21日(土)

亀戸の蓮

01-8004-520本用東)亀井戸NG写真のコピー

夏も近づき、蓮も見頃ですね。
本日は亀戸の蓮の写真をご紹介します。
大輪の蓮の花と、和傘を片手に俯く可憐な少女。 手彩色も丁寧で綺麗ですね。

蓮の種子は発芽能力を長い間保持できるそうで、東京大学の大賀一郎さんが発芽させた大賀ハスは、弥生時代後期のものと推定されています。
他にも岩手の中尊寺のお堂で発見された中尊寺ハス、埼玉の行田ハスなど、800~3000年前の種子の発芽に成功している例があります。

もし種子が残っていれば、写真の少女と同じ世代の蓮を見ることができるかもしれません。
ロマンがありますね。

大賀ハス植栽培地一覧
http://www3.ocn.ne.jp/~ohga.now/kaika.no.news2009.html

行田ハスまつり(古代蓮の里) 2014 7月14日
http://www.city.gyoda.lg.jp/15/04/12/eventcalendar/hasumaturi.html

中尊寺
http://www.chusonji.or.jp/index.html

亀戸の藤2

01-1317-022亀戸天神の藤 絵葉書

藤の季節になりました。今年も藤の名所、亀戸天満宮の写真をご紹介します。

平成26年度の亀戸天神社 藤まつりの日程は、4月19日(土)~5月6日(火)です。
早咲き棚はすでに満開になっているようで、今週末は見ごろになりそうです。
http://www.kameidotenjin.or.jp/

明治 向島のお花見風景


今年もそろそろ桜の見ごろがやってきました。
今回はお花見の人気スポット、向島の写真をご紹介します。

屋形船の屋根の上に乗って、とても気持ちがよさそうですね。
隅田川から眺める風景は、今もどことなく面影が感じられます。

現在では、桜の向こうにスカイツリーがそびえ、新たな魅力が加わりました。

お花見の名所は100年以上経った今でも変わらない場所が多いので、お気に入りの古写真を眺めながら先人たちと感動を共有してみるのも一興かもしれませんね。


見沼氷川公園



本年最後の写真のご紹介です。
本年もイマジンネット画廊ブログを御愛読いただきまして、誠にありがとうございました。
来年もイマジンネット画廊共々よろしくお願い申し上げます。

"写真はさいたま市に現存する見沼氷川公園場所で明治初期~中期頃に撮られた古写真と思われる。
日本で初めての公園と言えば、明治元年神戸居留地につくられた東遊園地、続いて横浜居留地に明治3年につくられた山手公園である。東京に限れば、公園制度が明治6年に制定されたものの、当初は上野公園や芝公園など寺社境内の公園化が中心であり、一から新しく作る公園として、日比谷ヶ原が明治26年に日比谷公園と命名され、紆余曲折を経て明治36年に完成した。

この写真の驚くところは、公園という概念が未だ一般化していない時代、写真機が余り普及していない中にあって、公園が居留地周辺以外の場所で映し出されていることである。
もしかしたら、撮影者は単にローカルな花見風景を 撮りたかっただけかもしれない。

大八車の後ろにある土手にいる人物が氷川公園の名入りの半纏を着ている。これから始まる公園化の模様を呈している。
現代の氷川公園が花見の名所としても有名であるが、その始まりを思い起こさせる桜の木が画面の中に登場している。

土手にいる人物のヘアースタイルに注目。花見見物を演出してか、手古舞装束に見える。"
(今月の一枚より)

蒲田 菖蒲園

そろそろ菖蒲の咲く季節になりました。
今回は、蒲田菖蒲園の写真をご紹介します。
01-1302-003.jpg
(写真の詳細)


見渡す限りのハナショウブ。夢の中の風景のようです。

蒲田菖蒲園は明治35(1902)年から大正10(1921)年まで、現在の蒲田小学校付近にありました。
一万坪の広大な敷地には、菖蒲以外にも四季折々の植物や動物、お茶屋さんもあり、大変人気の観光スポットだったようで、蒲田駅もこの菖蒲園のためにつくられたそうです。

ちなみにソックリと言われているアヤメ、カキツバタ、ハナショウブの見分け方ですが、アヤメは花の根元に網目模様があるもの、カキツバタは白い模様があるもの、ハナショウブは黄色い模様があるものだそうです。

亀戸の藤

桜の絵葉書を紹介したすぐ後ですが、四月中旬の開花に向け今回は亀戸の藤の写真のご紹介です。
当ブログトップ画像にも使っておりますように、薄紫に彩色された鮮やかな藤も美しいですが、
零れ落ちんばかりの動きが際立つモノクロームの写真も圧巻です。

亀戸藤

(写真の詳細)
 亀戸天神11 大正~昭和


平成25年度の亀戸天神社藤祭りは 4月20日(土)から5月6日(月)のです。
http://www.kameidotenjin.or.jp/
計15枚のとりどりの藤をご堪能下さい。

明治 花見風景

今回は明治のお花見風景の写真です。
満開の桜のもと、散歩したり談笑したり、のんびりとした光景です。
昔も今もお花見のスタイルは変わらないようですね。
花見2
(向島)(写真の詳細)

続きは上野公園の桜です

Category :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。