幕末・明治の写真と絵葉書 イマジンネット画廊ブログ

古写真と絵葉書を通して、古き良き日本の生活を紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本橋 魚河岸

01-1304-100本日本橋魚河岸M中後期NG写真(120102_001)

日本橋の魚河岸は、築地市場の前身で、1935年に築地に移転するまで300年もの間、日本橋の河岸にあった魚市場です。
沢山の魚問屋と船が並び、当時の活気を感じさせる一枚です。

スポンサーサイト

大磯 海水浴場

大磯
(写真の詳細)

海水浴場発祥の地、大磯。
元軍医総監松本良順がすすめた医療行為としての海水浴が始まりですが、徐々に娯楽として定着していきました。
今も昔も多くの人で賑わう風景は変わりませんね。

明治 横浜 雪景色

横浜雪景色
記録的な大雪にみまわれ、いまだ各地で混乱が続いていますね。
イマジンネット画廊の入る神谷町のオフィスの前も、路肩にまだ沢山雪が残っています。
また今週も降るようですから、皆様どうぞお気をつけて。

さて、今日ご紹介する写真は、横浜の雪景色です。
辺り一面の雪化粧と、赤く彩色された少女のおんぶ紐の対比が美しく印象的な一枚です。

明治 富士山

富士山1
(写真の詳細)

今回は、世界遺産に登録されたことで話題の富士山の写真を集めました。

平安時代から修行として富士登山をしている記録があるようですが、江戸時代に富士講が盛んになると、登山者が急増しました。
富士詣の登山者のために吉田口だけでも100件近くの宿坊があったそうです。
現代のように良い装備も無く、麓から登りきることは大変なことだったでしょう。

現代でもなかなか大変な富士登山ですが、年間30万人近くもの人がが登っていると知って驚きました。
最近では、googleのストリートビューで1合目から山頂まで見ることができるようになったので、体力のない筆者などはこれで登ったつもりです・・

明治の雪景色

段々と寒さが増してきた今日この頃。
関東でも雪が積もる日がありましたが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか?
今回は、雪景色の写真をご紹介します。

01-1406-101横浜

こちらは横浜の写真です。
破れた唐傘の後姿が絵になる、まるで映画のワンシーンのような一枚です。
(写真の詳細)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。