幕末・明治の写真と絵葉書 イマジンネット画廊ブログ

古写真と絵葉書を通して、古き良き日本の生活を紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

装甲巡洋艦・吾妻

装甲巡洋艦吾妻
(写真の詳細)


明治28年(1895年)の三国干渉の結果、遼東半島を占有したロシアは旅順を拠点に太平洋艦隊を拡充させていきました。
その脅威に対抗するため大日本帝国海軍が掲げたのが、戦艦6隻・装甲巡洋艦6隻を中核とした大艦隊建艦計画、六六艦隊計画でした。
吾妻はその第一期拡張計画で八雲型に次いで整備された装甲巡洋艦です。
それまでは艦船の主な発注先はイギリスでしたが、ロシアとの対立が深まる中、三国の内残り二国との関係への配慮から、吾妻はフランス、八雲はドイツから購入しています。

船一隻からも国々のパワーバランスが窺えて興味深いですね。



スポンサーサイト

幕末の戦艦・開陽丸

開陽丸写真

"今月の一枚はオランダで撮影された軍艦開陽丸の写真である。

パナマ運河を走る装甲巡洋艦

装甲巡洋艦 浅間?八雲? 
(写真の詳細)

本日のご紹介は明治~昭和時代、
大日本帝国海軍所属の装甲巡洋(浅間?八雲?)と思われる写真です。
(写真には浅間/パナマ運河のクレジット。)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。