幕末・明治の写真と絵葉書 イマジンネット画廊ブログ

古写真と絵葉書を通して、古き良き日本の生活を紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三井銀行(後の第一国立銀行)

01-1304-117.jpg

明治初期、内田九一撮影。

江戸時代、呉服店に併設された両替店から幕府の大阪御金蔵銀御為替御用を経て維新政府の御為替方となった三井組は、明治5年(1872)6月、日本初の銀行建築を兜町の海運橋際に三井組ハウスを建造する。
総工費47,601両、五階建てで展望台の付いた建築はまるで城のようである。
設計は清水建設二代目清水喜助。先進的な和洋折衷設計の粋を極めたこの建築は、
新聞も大々的に取り上げ、一般市民の関心も高く東京名所として人気を博した。
現代でも多くの絵葉書や錦絵の残る名建築である。
(今月の一枚)

スポンサーサイト

新橋ステーション望遠

01-1301-132新橋駅93

10月14日は鉄道の日ということで、初代新橋駅の写真をご紹介します。
明治5年の10月14日、日本初の鉄道として正式開業した新橋駅は、東京駅が開業するまでの間、東京の重要な起点駅でした。
設計はアメリカ人建築家リチャード・ブリジェンス

渋谷の水車

明治渋谷の水車
(写真の詳細)

渋谷では古くから水車業が盛んな地域、明治時代の最盛期には50もの水車が稼動していたと言いますが、大正時代までに姿を消しました。文部省唱歌の春の小川は渋谷の小川から作られたそうです。

常盤橋御門前(幕末~明治?)

常盤橋御門前

"常盤橋御門前の写真である。
常盤橋の親柱には当然のごとく擬宝珠(ぎぼうし)が覗える。
同御門は1872年(明治5年)に撤去されたとあるので、写真はそれ以前に撮影されたことになる。そこには高札場が右手にあるが、人力車の溜まり場になっていたように見受けられる。
左手奥に呉服橋が見える。 (T)"

(今月の一枚)より

雁鍋、馬車鉄道―明治の上野駅

三橋/右奥に馬車鉄道
三橋/右奥に馬車鉄道
"上野駅の写真は多々あるが、今月は中でも珍しい駅周辺の画像を集めた。
東京馬車鉄道が上野に開通したのは明治15年~明治16年のことで、鉄道の損壊や糞尿の問題などで路面電車に移行するまで20年間営業が続いた。乗り降りの場所は自由で、乗りたいときは手を上げれば良かった。現代のバスとタクシーのような感覚だろうか。
山下にあった「雁鍋」は幕末より名のしれた料理屋で、夏目漱石、森鴎外、正岡子規らも通っていたといい、作品内にもしばしば名前が登場し、大正はじめに発行された「下谷繁盛記」も雁鍋について触れている。上野・文京周辺には明治の文豪が多く集まっていた。 "
(今月の一枚)

東京枕橋の渡し舟

枕橋渡舟
(写真の詳細)

本日ご紹介するのは前回に引き続き東京の川の絵葉書です。

寛文2年(1662年)、現在の吾妻橋から向島に通じる源森川(現在の北十間川)に架けられた源森橋。
いつしか枕橋と呼ばれるようになったその橋が、昭和3年に架け替えられたのが、現在も残る枕橋です。
東京スカイツリーの傍なので、散策ついでに景色を見比べてみるのも楽しいかもしれません。

浅草六区の賑わい、活動写真大勝館

浅草六区大勝館
(写真の詳細)

明治に区画された浅草六区は演劇場、オペラ常設館などで賑わう歓楽街として隆盛を誇りました。
左手前の活動写真館(映画館)大勝館には「新更屋敷」「難破船救助の実」が、その他「オペラ」「宮本武勇伝」などの宣伝旗がひしめく通り。
そこを闊歩する人々はどれを見ようか目移りでもするように左右の建物を見上げています。
人々の出で立ちも歓楽街だけあってどことなくお洒落に見えますね。
大変活気ある一枚です。

新吉原大門の桜

新吉原大門 弁天像
(写真の詳細)

本日ご紹介する絵葉書は、浅草新吉原の大門です。
1656年日本橋から浅草に移転した吉原は新吉原と呼ばれ、
明治の後期には元はなかったアーチが付け加えられました。

アーチには桜の花の電球装飾が取り付けられ、
中央には弁天か乙姫のような像が立っています。

背後に見える桜と相まって、とても華やかですね。

明治 両国 国技館 (大鉄傘)

1909年(明治42年)の6月2日に、大相撲の興行のための建物、国技館が開館しました。
日本で初のドーム型屋根を備えた、美しい西洋建築。
”大鉄傘”の名で親しまれたこの建築の設計は、日本銀行本店や東京駅の設計で知られる辰野金吾・葛西萬司です。
激動の時代の中で何度も焼失、再建を繰り返したドラマのある建物です。

01-1314-074東両国。M後期~

大正の東京駅

本日は、保存・復元工事完了のニュースが記憶に新しい東京駅丸の内駅舎の絵葉書です。

瀟洒な洋風建築の東京駅前に広々とした空間が広がり、 人力車や木材を載せた荷車などと相俟ってレトロな空気を醸し出している絵葉書です。

関東大震災や第二次世界大戦により、明治・大正に造られた多くの西洋建築が失われてしまいましたが、絵葉書を眺めていると、実際に見てみたい美しい建物が沢山あります。

明治の東京駅絵葉書
(写真の詳細)
更に東京駅、東京周辺の写真をご覧になる方はこちら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。