幕末・明治の写真と絵葉書 イマジンネット画廊ブログ

古写真と絵葉書を通して、古き良き日本の生活を紹介していきます。

三井銀行(後の第一国立銀行)

01-1304-117.jpg

明治初期、内田九一撮影。

江戸時代、呉服店に併設された両替店から幕府の大阪御金蔵銀御為替御用を経て維新政府の御為替方となった三井組は、明治5年(1872)6月、日本初の銀行建築を兜町の海運橋際に三井組ハウスを建造する。
総工費47,601両、五階建てで展望台の付いた建築はまるで城のようである。
設計は清水建設二代目清水喜助。先進的な和洋折衷設計の粋を極めたこの建築は、
新聞も大々的に取り上げ、一般市民の関心も高く東京名所として人気を博した。
現代でも多くの絵葉書や錦絵の残る名建築である。
(今月の一枚)

スポンサーサイト

新橋ステーション望遠

01-1301-132新橋駅93

10月14日は鉄道の日ということで、初代新橋駅の写真をご紹介します。
明治5年の10月14日、日本初の鉄道として正式開業した新橋駅は、東京駅が開業するまでの間、東京の重要な起点駅でした。
設計はアメリカ人建築家リチャード・ブリジェンス

明治 熊本城 



このたびの熊本地震で被災された皆様が一日も早く安心して暮らせるようになりますよう、お祈り申し上げます。

本日は明治時代の熊本城の写真をご紹介します。
現在の熊本城は昭和35(1960)年に再建されたもので、こちらの写真は焼失前のお城の姿です。
日本三大名城といわれるにふさわしい、堅牢で堂々とした姿が魅力的です。

渋谷の水車

明治渋谷の水車
(写真の詳細)

渋谷では古くから水車業が盛んな地域、明治時代の最盛期には50もの水車が稼動していたと言いますが、大正時代までに姿を消しました。文部省唱歌の春の小川は渋谷の小川から作られたそうです。

常盤橋御門前(幕末~明治?)

常盤橋御門前

"常盤橋御門前の写真である。
常盤橋の親柱には当然のごとく擬宝珠(ぎぼうし)が覗える。
同御門は1872年(明治5年)に撤去されたとあるので、写真はそれ以前に撮影されたことになる。そこには高札場が右手にあるが、人力車の溜まり場になっていたように見受けられる。
左手奥に呉服橋が見える。 (T)"

(今月の一枚)より

雁鍋、馬車鉄道―明治の上野駅

三橋/右奥に馬車鉄道
三橋/右奥に馬車鉄道
"上野駅の写真は多々あるが、今月は中でも珍しい駅周辺の画像を集めた。
東京馬車鉄道が上野に開通したのは明治15年~明治16年のことで、鉄道の損壊や糞尿の問題などで路面電車に移行するまで20年間営業が続いた。乗り降りの場所は自由で、乗りたいときは手を上げれば良かった。現代のバスとタクシーのような感覚だろうか。
山下にあった「雁鍋」は幕末より名のしれた料理屋で、夏目漱石、森鴎外、正岡子規らも通っていたといい、作品内にもしばしば名前が登場し、大正はじめに発行された「下谷繁盛記」も雁鍋について触れている。上野・文京周辺には明治の文豪が多く集まっていた。 "
(今月の一枚)

横浜 ペリー来航

01-1401-124 横浜開港リプリント

本日はペリー提督が横浜に訪れた様子を描いたイラストをご紹介します。
作者は随行画家のハイネ。
アメリカ兵の後ろには多くの見物人が描かれ、当時の人々の関心の高さが伺えます。

横浜港は安政6年6月2日(西暦1859年7月1日)に開港されました。
現在は6月2日が開港記念日と定められ、毎年大々的に横浜開港祭が行われています。
今年の横浜開港祭は5/31~6/3の三日間だそうです。
http://www.kaikosai.com/index/

富岡製糸場

富岡製糸場写真

"富岡製糸場は、1872年(明治5年)に殖産興業の近代化のために明治政府が設立した、日本初の本格的な器械製糸工場である。
開業当時の繰糸所、繭倉庫などが現存しており、世界文化遺産に登録される見込みである。
今月の一枚では繰糸所の開業当時の様子が伝わる2点の画像をご紹介する。

当時世界的に見ても最大級の建造物で、煉瓦と日本瓦という西洋と日本の技術を融合したデザインが見事であった。
壁面は、木の骨組みに煉瓦を積み入れて造る木骨煉瓦造という工法だそうだ。
当画廊のものは複製ではなく当時撮影された貴重な生写真である。

富岡製糸場絵葉書

イラストをご覧頂きたい。三枚組みの絵葉書に壁面の煉瓦と天井の梁の対比が美しく描かれている。
ずらりと並ぶ女工の中央にいるのは、指導をするお雇い外国人だろうか。
初期は”外国人に生き血を吸われる”などと噂され工女が集まらなかったが、旧士族の娘が集められるなどしたお陰で次第に増えていった。
上流階級の女工の服装に憧れ、借金までして服を買う女工もいたという。
当時の活気を伝える華やかな一場面である。"

(今月の一枚)

自動車と人力車・戦前の神戸港

戦前神戸港
(写真の詳細)

本日ご紹介するのは戦前昭和の神戸港の写真です。

沢山の自動車(フォードのタクシー?)が停車する中、客を乗せた人力車が一台走っています。
今では見ることのなかなかない状況に、時代の空気を感じさせる一枚です。

東京枕橋の渡し舟

枕橋渡舟
(写真の詳細)

本日ご紹介するのは前回に引き続き東京の川の絵葉書です。

寛文2年(1662年)、現在の吾妻橋から向島に通じる源森川(現在の北十間川)に架けられた源森橋。
いつしか枕橋と呼ばれるようになったその橋が、昭和3年に架け替えられたのが、現在も残る枕橋です。
東京スカイツリーの傍なので、散策ついでに景色を見比べてみるのも楽しいかもしれません。