幕末・明治の写真と絵葉書 イマジンネット画廊ブログ

古写真と絵葉書を通して、古き良き日本の生活を紹介していきます。

明治 外国人居留地 横浜の劇場 1

month_16-3.jpg


外国人居留地には異人たちが故国と変わらない生活を持ち込んだので直輸入の西洋文化を見れるとなって、多くの著名な日本人が訪れている。特に横浜居留地は貿易港として成功をおさめることになるが、産業・商業行為だけに止まらず宗教やジャーナリズム、演劇やスポーツを始めとする活動が盛んに行われ、日本人の生活に多大な影響を与える多種多様なものの発祥地ともなる。 今月の一枚はそんな横浜居留地の劇場風景である。資料によれば、栄えある第一号は元治元年(1864年)に同地102番地に開かれたアンフィシアター、続いて出来たのが135番地に開かれた会芳楼で、三番目に出来たのが山手の居住地区で開かれたゲーテ座になり、明治3年(1872年)にこけら落しをしている。展示した新聞のイラストは文久3年(1863年)9月に発行されたイラストレイテッド ロンドンニュースのひとこまであるが、横浜湾の洋上公演とあるので、当時の居留地における生活ぶりを伺い知る記事として掲載した。 また、もう一枚はF.ベアトによる居留地のアマチュア劇団の写真で慶応元年~2年(1866年~67年)頃の撮影と思われるが、まだ専属の手彩師によるカラーリングでない。 次月は上記ゲーテ座の写真を展示予定。

(今月の一枚)

スポンサーサイト

明治 潮干狩り 美人

初夏にかけて、潮干狩りのシーズンですね。
江戸時代には、潮干狩りは人気のレジャーとなりました。
老若男女、身分の差もなく皆が楽しめる楽しいイベント。
浮世絵や絵葉書からも当時の賑わいを感じることができます。
01-8004-162.jpg
(画像の詳細)

日本貴族の衣装

貴族 日本
(画像の詳細)

特集:洋装美人-明治の絵葉書

本日はイマジンネット画廊での特集記事のご紹介です。

明治になり日本に流入してきた西洋文化の中で、今日最も浸透したであろう洋服。
当時はまだ上流階級など一部の人々しか着ることはありませんでしたが、
明治後半大流行した絵葉書では美しく装った婦人の姿を見ることができます。

ドレス、水着など洋服に身を包んだ明治女性のポストカード31枚を展示。

特集ページへ移動する
洋装美人バナー