幕末・明治の写真と絵葉書 イマジンネット画廊ブログ

古写真と絵葉書を通して、古き良き日本の生活を紹介していきます。

明治の食事風景

明治食事風景
(写真の詳細)
本日ご紹介するのは明治の宴会風景です。
飛脚のような格好をしたはちまき姿の若者たちのお膳の前で、給仕の女性が三味線を奏でています。

それにしてもこの写真、すっきりした髪型のせいか現代人が仮装したといっても通じそうな雰囲気ですね。
やはり顔立ち自体は昔からそれほど変わっていないのかもしれません。

スポンサーサイト

Paper Moon

01-8004-610.jpg

1900年ごろからアメリカで記念写真の背景として流行したモチーフ、
”ペーパームーン”。
日本の古写真にも、その影響を感じるものがあります。
三日月に腰掛けるというファンタジックな構図に、ドレスのよく似合う和美人。
幻想的な雰囲気が素敵な一枚です。

浅田信興近衛師団長、銀座三越呉服店前

戦時の三越
(写真の詳細)

本日ご紹介する絵葉書は日露戦争、浅田師団長率いる近衛師団の凱旋の模様です。
通り沿いに観衆の差す傘が連なる様が面白い一枚です。

アイヌ文化

アイヌ

アイヌ文化を伝える、貴重な写真です。
服飾や装飾品、そして人々の美しさが生き生きと伝わってきます。
二枚目の写真には、口の周りに刺青をした女性が写っています。
かなり痛みの伴う刺青。子供のころから何度も彫師のもとへ通い、婚礼までの間に少しずつ入れたのだそうです。

東北阿武隈橋の写真

奥州阿武隈川

”今月の一枚は奥州は阿武隈川(現代の福島~宮城辺り)の写真である。
幕末~明治初期、長崎や横浜などといった写真文化の入口であった外国人居留地から離れるにつれ残されている写真の数は少なくなってくる。そうなると明治中期以降の東北の写真では、断髪令の普及により所謂散切り頭の人物写真が増えてくる。 三人の男たちが皆ちょんまげを結っているこの写真、従ってなかなか珍しい一品なのではないだろうか。”
(今月の一枚)