幕末・明治の写真と絵葉書 イマジンネット画廊ブログ

古写真と絵葉書を通して、古き良き日本の生活を紹介していきます。

明治 赤子をあやす女性 でんでん太鼓と犬張子

8004-144_2015102111182938b.jpg
(写真の詳細)
女性の持っているでんでん太鼓は、雅楽の振り鼓を小型化した乳児用のおもちゃで、
振ると紐で吊るされた鈴が太鼓にあたり、かわいらしい音のなる楽器です。
枕元にあるのは犬張子でしょうか。
犬は多産のため、安産祈願や子供の成長を願う魔よけとして、子供のいる部屋によく飾られていたそうです。
現代でも親しまれているものなので、家にあるよという方もいらっしゃるかと思います。
心地よさそうに眠る赤ちゃんに、こちらまで眠くなってきてしまう一枚です。

スポンサーサイト

長距離列車で熟睡する乗客

長距離列車で眠る客

"当時の長距離列車は昼夜を駆けないと目的地に辿りつけず、必然として夜行列車でもあった。
手前の客は自分で持ち込んだのか、寝台車でもないのに枕を使っているし、皆思い思いの格好で眠っている。客席にはゆとりがあり、それなりに優等席ではないだろうか。乗客の装いから明治中期頃の風景ではないかと思われる。
当時の列車の写真は外観や乗客なしの内観が多く、実際の乗車風景を写したものは珍しいように思う。各々の気持ちよさそうな寝顔までつぶさに見て取れる。大口を開けている男性陣の奥に居る女性客が顔を伏せているのがまた味わい深い。長旅の疲労までがこちらに降りかかって来るようなリアリティを感じる一枚。(S) "
(今月の一枚)より

手紙を書く女性

01-8002-251手紙
(写真の詳細)
手紙を書く女性です。巻紙を片手に持ち、書いたところを垂らしていきます。美しい所作ですね。
ところで日本最古の自動販売機は、”自働郵便切手葉書売下機”という切手とはがきを売る販売機だったそうです。
明治37年に発明家の俵谷高七によって作られました。木製の本体に、ポストも付いています。
実用化するべく逓信省に買われたそうですが、残念ながら使われることはなかったようです。


花売り

01-8001-026風俗花売り本用NG
明治の花売り。
勢いよく伸びた枝が画面に動きを出して、絵画のようです。
落ち着いた全体の色合いの中、花篭の花が鮮やかに彩色されており、
思わずドキッとしてしまう耽美な雰囲気の一枚です。