幕末・明治の写真と絵葉書 イマジンネット画廊ブログ

古写真と絵葉書を通して、古き良き日本の生活を紹介していきます。

三井銀行(後の第一国立銀行)

01-1304-117.jpg

明治初期、内田九一撮影。

江戸時代、呉服店に併設された両替店から幕府の大阪御金蔵銀御為替御用を経て維新政府の御為替方となった三井組は、明治5年(1872)6月、日本初の銀行建築を兜町の海運橋際に三井組ハウスを建造する。
総工費47,601両、五階建てで展望台の付いた建築はまるで城のようである。
設計は清水建設二代目清水喜助。先進的な和洋折衷設計の粋を極めたこの建築は、
新聞も大々的に取り上げ、一般市民の関心も高く東京名所として人気を博した。
現代でも多くの絵葉書や錦絵の残る名建築である。
(今月の一枚)

スポンサーサイト

明治 山くじら ももんじや


(写真の詳細)

百獣屋(ももんじや)と呼ばれた、さまざまな獣の肉を料理する店。
看板の山くじらとは、猪肉をさす。 
猪、鹿をはじめ、イラストにはウサギや猿、リス、犬のような動物が見られ、幅広い種類が食されていたことが伺える。